転職サイトを利用する必要性

メニュー

求人募集方法もインターネット中心にシフト

従来、仕事探し・会社探しには、新聞・求人情報誌・業界誌・フリーペーパーなどの求人広告をチェックしたり、ハローワークを利用するのが主流でした。

 

しかし、いまは、転職・就職を成功させるには、インターネットの転職サイトを利用することが必須となっています。多くの企業が求人媒体としてインターネットの転職サイトを選ぶようになっているからです。

 

ハローワークや新聞・雑誌に求人を出さないところも少なくありません。

 

企業が求人媒体として転職サイトを利用するのは、広域的な告知ができることはもちろん、依頼すれば即日掲載されるなど利便性が高く、自社ホームページと転職サイトをリンクさせることで効率的に採用活動ができるからです。

情報源は複数利用する

だからといって、求人の情報源を転職サイトだけに限るのも危険です。

 

企業の採用募集の方法は多様化しています。従来通り、求人をハローワークに任せたり、求人情報を印刷媒体にのみ限定している企業もあります。逆に、ハローワークに求人を出さず、人材紹介会社を利用する企業もあります。

 

あるいは、競合他社に新規プロジェクトの存在を知られないように求人を非公開にして、スカウトや転職フェアなどを利用している企業もあります。

 

なので、転職サイトの求人情報だけに頼ると、自分の望む求人情報を得る機会を失いかねません

 

求人の情報源は複数利用することが、仕事探し・会社探しの基本です。