記載例丸写しはダメ

メニュー

履歴書の記載例丸写しは一発でアウト

これは、るる説明の必要もないでしょう。履歴書に添付されている記載例や、求人誌などに掲載されている記載例を丸写ししたような履歴書は、一発でアウトです。

 

志望理由に「御社の将来性に魅力を感じて」などという記載では、記載例のマンマということがまるわかりだし、志望動機としては漠然としすぎています。

 

自分にはこういう能力があって、御社のこれからにとって、こういうことで力を発揮できるという具体的なアピール力が全くありません。

 

それに、「将来性ある会社だから安心できる」といった他力本願的な部分も見透かされてしまいます。企業は慈善事業をやっているわけではありません。自社の利益につながらない人材を置いておく余裕などないのです。

 

企業が求めているのは、その企業の理念を理解し、会社に貢献する力を持った人材なのです。

 

記載例などあてにせず、自分のこれまでの経験から身につけたこと、その能力が会社の発展にどのように貢献できるのか、といったことを説得力を持って、自分の言葉で語ることが大切です。

 

自分には職歴もないから、書くこともない、などと悩んでいる場合には、キャリア・コンサルタントに相談してみましょう。あなたの適正や長所を見つけ出し、それを履歴書にどう表現すればいいのか、適切なアドバイスを受けられます。

関連ページ

履歴書に書くべきこと書いてはいけないこと
書類選考で落とされるフリーターの方は少なくありません。好印象を与えるために、履歴書に書くべきこと、書いてはいけないことをまとめています。
アルバイト歴を時系列で並べただけの履歴書はNG
アルバイト歴を時系列で並べただけの履歴書は心証を悪くします。どういった書き方がよいのでしょうか?
資格は取得予定も含めて積極的に書く
履歴書の資格欄は、現在取得をめざして勉強中のものも含めて書けばアピールポイントになります。