資格は取得予定も含めて積極的に書く

メニュー

履歴書の資格欄は取得予定も含めて積極的に書く

取得している資格が何もないとき、空欄のままでいいのかなぁ、と悩むのが履歴書の免許・資格欄。

 

普通自動車免許ぐらいしかなければ、それだけということになるでしょうが、できるだけ資格も記載したいところです。

 

そんなときに大事なのが、いまは取得していないけれども、現在、資格取得をめざして勉強中のものがあれば、それを積極的に記載しておくとアピールポイントになります。特に、志望する職務と関係のある資格は、勉強中のものであっても大事です。

 

「○○取得をめざして勉強中」というのでも構いませんし、もう少し具体的に「現在1次のみ合格」とか「○月中の取得に向け現在勉強中」と書けるのでしたら、その方がベターです。

 

ここで大事なのは、なぜその資格を取得したのか、取得しようとしているのかということです。

 

資格というのは、単に就職に有利だからという理由で取得したものでは意味がありません。自分のやりたい仕事、やっている技術系アルバイトなどで、必要性から資格を取得した、あるいは取得しようとしていることが重要です。そういったストーリーがあってこそ、就職の際に資格を取得していること、取得しようとしていることが役立ちます。

 

例えば、IT関連のアルバイトをしながら資格を取得する場合を考えてみましょう。

 

自分にはコンピュータ・プログラムに関する一定の知識があるし、実践的にプログラミングもやってきた。しかし残念ながら、その知識は体系化されたものとは言えなかったので、知識を体系化したいと思い資格を取得した。それによって具体的にこういうメリットが生まれ、それを御社のこういう部分で活かすことができる。

 

こういったアピールが可能となるのです。これは、資格を取得しようとしている場合にも当てはまります。

 

こういった作戦は、キャリア・コンサルタントに相談すれば、あなたに合ったやり方を伝授してもらえます。アピールできる資格がない、あるいは、持っている資格をうまくアピールする方法が分からないという方は、キャリア・コンサルタントに相談するとよいでしょう。

関連ページ

履歴書に書くべきこと書いてはいけないこと
書類選考で落とされるフリーターの方は少なくありません。好印象を与えるために、履歴書に書くべきこと、書いてはいけないことをまとめています。
アルバイト歴を時系列で並べただけの履歴書はNG
アルバイト歴を時系列で並べただけの履歴書は心証を悪くします。どういった書き方がよいのでしょうか?
記載例丸写しはダメ
職歴がないからと、履歴書に添付されている記載例や求人誌に掲載されている記載例を、ほぼそのまま丸写しするフリーターの人がいますが、そんなことをしたら一発でアウトです。