キャリアコンサルタントに相談するには?

メニュー

キャリア・コンサルタントに就職・転職を相談するには?

キャリアコンサルタントに就職・転職を相談するには、まず就職・転職支援サイトにメンバー登録することから始めます。

 

転職サイトは、おもに人材紹介会社が運営しており、数多くあります。たんに求人情報を探すだけのものから、転職エージェントが求人企業と求職者をマッチングさせるものまで多様です。

 

対象とする求職者の層も様々です。豊富なキャリアや高いスキルを持った転職希望者を対象とするものから、職務未経験・職歴のないフリーターを対象とするもの、その中間層を対象としたもの、業種・職種を特化したものまでいろいろあります。

 

いうまでもありませんが、ヘッドハンティングを目的とした転職サイトに登録しても意味はありません。特殊なスキルを持った人を対象とした転職サイトも同様です。

 

既卒・第二新卒の正社員就職を対象とした就職・転職支援サイトに登録しなければいけません。

 

ただ、フリーターに特化した就職支援サイトは数が少ないうえ、対応エリアが“首都圏のみ”に限定されているのがほとんどです。

 

首都圏の方は、そういった就職支援サイトを利用すればいいのですが、それ以外の地域の方は、フリーターでも丁寧に対応してくれる就職支援サイトを選ぶ必要があります。

 

なかには、正社員の求人でなく、派遣しか扱っていないようなところもありますから、注意してください。

 

いずれにしても、フリーターの正社員就職に強いところ、実績の豊富なところに登録・相談することが大切です。利用者の口コミや評判もチェックしましょう。

関連ページ

就職活動に挫折した20代フリーターの就活再チャレンジに必要なこと
一人で就職活動をやって挫折した経験を持っているフリーターも多いはず。就職サポートのプロといっしょに就職活動するのが正社員就職への確かな道です。今からでも決して遅くありません。
コンサルタントはフリーターをどうサポートする?
20代フリーター(バイト・派遣・契約)が正社員になりたいと思ったら、まずはキャリア・コンサルタント(キャリア・カウンセラー)に相談することがポイントです。
キャリア・カウンセリングの流れ
転職・就職支援サイトやジョブカフェなどに登録するとキャリアカウンセリングを受けられます。キャリアカウンセリングの一般的な流れをご紹介します。
フリーターのキャリア・カウンセリングで一番大事なこと
正社員をめざすフリーター・既卒者・第二新卒者のキャリアカウンセリングで最も大切なことは、自己理解と職業理解です。応募書類の書き方や面接対策など小手先のテクニックではありません。
ジョブカフェと民間の就職・転職支援サイトはどちらが有利?
20代の正社員就職には、ジョブカフェと民間の就職・転職支援サイト(人材紹介会社)のどちらに登録するのが有利?どちらが採用されやすい?
「やむを得ず型」フリーターが正社員になる
在学中の就職活動で失敗し、卒業後、アルバイトで生計を立てている既卒者・フリーターが正社員をめざすなら、まずキャリア・コンサルタント(キャリアカウンセラー)に相談することが大切。キャリアコンサルタントに相談すると、どんな対応をしてもらえるか事例を紹介。
「モラトリアム型」フリーターが正社員になる
高校や大学、専門学校を中退して、アルバイトで生計を立てているフリーターが正社員をめざすなら、まずキャリア・コンサルタント(キャリア・カウンセラー)に相談することが大切。キャリアコンサルタントに相談すると、どんな対応をしてもらえるか事例を紹介。
「夢追求型」フリーターが正社員になる
バイトで生計を立てながらミュージシャンをめざしていた人、バンドでメジャーデビューをめざしていた人が、正社員として会社に就職しようと考えたなら、まずキャリア・コンサルタント(キャリア・カウンセラー)に相談することが大切。キャリアコンサルタントに相談すると、どんな対応をしてもらえるか事例を紹介。