キャリア・コンサルタントはフリーターをどうサポートするか

メニュー

コンサルタントは正社員をめざすフリーターに何をしてくれる?

フリーターがキャリアコンサルタントに相談すると、具体的に何をしてくれるのでしょうか?

 

ここでは、キャリアコンサルタントの具体的な対応例をご紹介します。

 

フリーターといっても、いくつかのタイプがあります。
おもなタイプをあげると、

やむを得ず型 就活に失敗して、アルバイトなどで生計を立てながら、正社員をめざしているタイプ。
モラトリアム型 学校を中退して、なんとなくフリーターをしているタイプ。
夢追求型 アルバイトなどで生活費を稼ぎながら、夢を追い求めているタイプ。

 

それぞれ、おもなケースを例に具体的にみてみましょう。

 

「やむを得ず型」フリーターが正社員をめざす

【事例】 大学在学中の就職活動で失敗し就職が決まらず、卒業後は、とりあえずアルバイトで生計を立てながら、何とかして正社員になりたいと思っている人。

 

 

 

「モラトリアム型」フリーターが正社員をめざす

【事例】 学校を中退して、アルバイトで食いつないでいるものの、自分は何に向いているのか、何ができるのか分からず、具体的な行動を起こせずにいる人。

 

 

 

「夢追求型」フリーターが正社員をめざす

【事例】 アルバイトで生活費を稼ぎながらミュージシャンをめざして活動するも全く芽が出ず、そろそろ企業に就職したいと思っている人。

 

関連ページ

就職活動に挫折した20代フリーターの就活再チャレンジに必要なこと
一人で就職活動をやって挫折した経験を持っているフリーターも多いはず。就職サポートのプロといっしょに就職活動するのが正社員就職への確かな道です。今からでも決して遅くありません。
キャリア・カウンセリングの流れ
転職・就職支援サイトやジョブカフェなどに登録するとキャリアカウンセリングを受けられます。キャリアカウンセリングの一般的な流れをご紹介します。
フリーターのキャリア・カウンセリングで一番大事なこと
正社員をめざすフリーター・既卒者・第二新卒者のキャリアカウンセリングで最も大切なことは、自己理解と職業理解です。応募書類の書き方や面接対策など小手先のテクニックではありません。
キャリアコンサルタントに相談するには?
キャリアコンサルタント(キャリアアドバイザー、キャリアカウンセラー)に就職・転職を相談するには、まず就職・転職支援サイトに登録することから始まります。
ジョブカフェと民間の就職・転職支援サイトはどちらが有利?
20代の正社員就職には、ジョブカフェと民間の就職・転職支援サイト(人材紹介会社)のどちらに登録するのが有利?どちらが採用されやすい?
「やむを得ず型」フリーターが正社員になる
在学中の就職活動で失敗し、卒業後、アルバイトで生計を立てている既卒者・フリーターが正社員をめざすなら、まずキャリア・コンサルタント(キャリアカウンセラー)に相談することが大切。キャリアコンサルタントに相談すると、どんな対応をしてもらえるか事例を紹介。
「モラトリアム型」フリーターが正社員になる
高校や大学、専門学校を中退して、アルバイトで生計を立てているフリーターが正社員をめざすなら、まずキャリア・コンサルタント(キャリア・カウンセラー)に相談することが大切。キャリアコンサルタントに相談すると、どんな対応をしてもらえるか事例を紹介。
「夢追求型」フリーターが正社員になる
バイトで生計を立てながらミュージシャンをめざしていた人、バンドでメジャーデビューをめざしていた人が、正社員として会社に就職しようと考えたなら、まずキャリア・コンサルタント(キャリア・カウンセラー)に相談することが大切。キャリアコンサルタントに相談すると、どんな対応をしてもらえるか事例を紹介。