「やむを得ず型」フリーターが正社員になる

メニュー

就活で失敗して、仕方なくフリーターをしている人

在学中の就活で失敗し、卒業後、やむを得ずアルバイトで生計を立てているフリーター。最近は多いと思います。

 

一人で就職活動して正社員をめざすのは、相当な困難をともないます。キャリアコンサルタントに相談することをおすすめします。

 

【参考】20代フリーターの就活再チャレンジに必要なこと

 

こういった「やむを得ず型」フリーターの場合、キャリアコンサルタントに相談すると、どのような対応をしてもらえるでしょうか?

 

よくある事例で、キャリアコンサルタントの 四五十 肇(しごと はじめ)さん(仮名)に話を伺いました。

 

梅 智也(バイ トモヤ)さん (仮名) 25歳

 

大学在学中の就職活動で、エントリーシートの段階で全滅。面接まで進めず、就職が決まらないまま卒業。卒業後は、アルバイトなどで生計を立てているものの、何とかして正社員になりたいと思っている。

 

「やむを得ず型」フリーターが正社員をめざす!

 

【キャリアコンサルタント】
四五十 肇(しごと はじめ)さん(仮名)

 

こういった方の場合、まずは、学生時代にどのような就職活動をしたのか、エントリーシートに何をどう書いたのか、そのあたりから、うまくいかなかった原因をヒアリングしていくことになるでしょう。

 

詳しく話を聞いていくと、必ず問題点が見つかるものです。自己アピール不足だったり、やりたいことが絞れていなかったり。そのため、何をやりたいのかが強く言えていないケースが多いですね。

 

いずれにしても自己理解が大切になります。自分が本当にやりたいことは何か、何に向いているのか、自分のセールスポイントは何か、といったことをいっしょに考えていきます。

 

現在やっているアルバイトも、好きで選んだものなのか、ほかに適当なものがなかったからなのか、時給が比較的よかったからなのか、理由があるでしょう。

 

好きで選んだ仕事でなかったとしても、これなら今の自分でもできるという判断が働いているものです。そのアルバイトを通して、やりがいを感じていたという点に気づくこともあります。

 

そんなところからも、何が自分に向いているか、自分のやりたいことは何か、といったことが見つかることもあります。

 

自分ひとりでは、なかなか気づかないことも、私たちキャリアコンサルタントに相談していただければ、いっしょに考え、あなたが本当にやりたいことを、私たちの経験もふまえて見つけ出すお手伝いができると思います。

 

もちろん、私たちの役割は、そこにとどまりません。あなたが本当にやりたいことが見つかれば、それにあったお仕事や会社を紹介し、正社員として就職できるよう、しっかりとサポートしていきます。お気軽にご相談ください。

 

関連ページ

就職活動に挫折した20代フリーターの就活再チャレンジに必要なこと
一人で就職活動をやって挫折した経験を持っているフリーターも多いはず。就職サポートのプロといっしょに就職活動するのが正社員就職への確かな道です。今からでも決して遅くありません。
コンサルタントはフリーターをどうサポートする?
20代フリーター(バイト・派遣・契約)が正社員になりたいと思ったら、まずはキャリア・コンサルタント(キャリア・カウンセラー)に相談することがポイントです。
キャリア・カウンセリングの流れ
転職・就職支援サイトやジョブカフェなどに登録するとキャリアカウンセリングを受けられます。キャリアカウンセリングの一般的な流れをご紹介します。
フリーターのキャリア・カウンセリングで一番大事なこと
正社員をめざすフリーター・既卒者・第二新卒者のキャリアカウンセリングで最も大切なことは、自己理解と職業理解です。応募書類の書き方や面接対策など小手先のテクニックではありません。
キャリアコンサルタントに相談するには?
キャリアコンサルタント(キャリアアドバイザー、キャリアカウンセラー)に就職・転職を相談するには、まず就職・転職支援サイトに登録することから始まります。
ジョブカフェと民間の就職・転職支援サイトはどちらが有利?
20代の正社員就職には、ジョブカフェと民間の就職・転職支援サイト(人材紹介会社)のどちらに登録するのが有利?どちらが採用されやすい?
「モラトリアム型」フリーターが正社員になる
高校や大学、専門学校を中退して、アルバイトで生計を立てているフリーターが正社員をめざすなら、まずキャリア・コンサルタント(キャリア・カウンセラー)に相談することが大切。キャリアコンサルタントに相談すると、どんな対応をしてもらえるか事例を紹介。
「夢追求型」フリーターが正社員になる
バイトで生計を立てながらミュージシャンをめざしていた人、バンドでメジャーデビューをめざしていた人が、正社員として会社に就職しようと考えたなら、まずキャリア・コンサルタント(キャリア・カウンセラー)に相談することが大切。キャリアコンサルタントに相談すると、どんな対応をしてもらえるか事例を紹介。