「夢追求型」フリーター

メニュー

バイトで生計を立てながらミュージシャンをめざしてきたフリーター

アルバイトで生活費を稼ぎながら、バンドでメジャーデビュー、ミュージシャン、俳優、画家、小説家など、夢を追い求めてがんばってきたものの芽が出ず、一般の会社に就職することを決意したフリーター。

 

一般に年齢も高くなっているでしょうから、一人で就活をはじめても、正社員として就職することは現実問題としてなかなか困難です。

 

そんなときには、キャリアコンサルタントに相談するのがよいでしょう。

 

【参考】20代フリーターの就活再チャレンジに必要なこと

 

こういった「夢追求型」フリーターの場合、キャリアコンサルタントに相談すると、どのような対応をしてもらえるでしょうか?

 

よくある事例で、キャリアコンサルタントの 四五十 肇(しごと はじめ)さん(仮名)に話を伺いました。

 

譜 理伊太(フ リイタ)さん (仮名) 29歳

 

音楽専門学校を卒業後、アルバイトで生活費を稼ぎながらミュージシャンをめざして活動してきたが、いくらがんばっても芽が出ず、そろそろ企業に就職することを考えている。年齢はすでに30歳間近になり、キャリアが全くなく、どうしたらよいのか困っている。

 

「夢追求型」フリーターが正社員をめざす!

 

【キャリアコンサルタント】
四五十 肇(しごと はじめ)さん(仮名)

 

年齢が30歳間近ということですから、企業の側からすると、何年もフラフラ遊んでいたように取られがちですが、そこはアピールの仕方次第。

 

音楽専門学校を出て、一つの道を10年近くやってきたことは、間違いなくセールスポイントになります。

 

自分にはこんな夢があって、その実現めざしてがんばってきた。しかし、年齢のことも考えて、そろそろ区切りをつけて、他の道へ転身しようと、いま就職活動に一生懸命がんばっている。そこのところを上手く伝えられればいいのではないでしょうか。

 

もちろん若いほうが正社員になりやすいのは確かでしょう。しかし、年齢が少しくらい高くなったからといっても絶望的なわけではありません。

 

ただ、やはり条件的に応募できる企業は限られてきます。基本的な方向が決まったら、迷わずどんどん求人に応募していくことが大切です。

 

こういうタイプの場合、企業から色眼鏡で見られることを払しょくする必要があります。何年もただフラフラしてきたのでなく、真剣に取り組んできたということを、企業にどう認めてもらうかがカギです。

 

夢の実現のために、他のことを犠牲にしても一つの道を突き進んできたわけです。これまでやってきたことは決して無駄ではなく、そこから学んだことはたくさんあると思います。

 

それを見つけ、アピールできる力をつける、そのお手伝いを、私たちキャリアコンサルタントがしてあげたいですね。一人で就職活動をするのは難しいかもしれませんが、私たちに相談いただけると、きっと力になれると思いますよ。

 

関連ページ

就職活動に挫折した20代フリーターの就活再チャレンジに必要なこと
一人で就職活動をやって挫折した経験を持っているフリーターも多いはず。就職サポートのプロといっしょに就職活動するのが正社員就職への確かな道です。今からでも決して遅くありません。
コンサルタントはフリーターをどうサポートする?
20代フリーター(バイト・派遣・契約)が正社員になりたいと思ったら、まずはキャリア・コンサルタント(キャリア・カウンセラー)に相談することがポイントです。
キャリア・カウンセリングの流れ
転職・就職支援サイトやジョブカフェなどに登録するとキャリアカウンセリングを受けられます。キャリアカウンセリングの一般的な流れをご紹介します。
フリーターのキャリア・カウンセリングで一番大事なこと
正社員をめざすフリーター・既卒者・第二新卒者のキャリアカウンセリングで最も大切なことは、自己理解と職業理解です。応募書類の書き方や面接対策など小手先のテクニックではありません。
キャリアコンサルタントに相談するには?
キャリアコンサルタント(キャリアアドバイザー、キャリアカウンセラー)に就職・転職を相談するには、まず就職・転職支援サイトに登録することから始まります。
ジョブカフェと民間の就職・転職支援サイトはどちらが有利?
20代の正社員就職には、ジョブカフェと民間の就職・転職支援サイト(人材紹介会社)のどちらに登録するのが有利?どちらが採用されやすい?
「やむを得ず型」フリーターが正社員になる
在学中の就職活動で失敗し、卒業後、アルバイトで生計を立てている既卒者・フリーターが正社員をめざすなら、まずキャリア・コンサルタント(キャリアカウンセラー)に相談することが大切。キャリアコンサルタントに相談すると、どんな対応をしてもらえるか事例を紹介。
「モラトリアム型」フリーターが正社員になる
高校や大学、専門学校を中退して、アルバイトで生計を立てているフリーターが正社員をめざすなら、まずキャリア・コンサルタント(キャリア・カウンセラー)に相談することが大切。キャリアコンサルタントに相談すると、どんな対応をしてもらえるか事例を紹介。