フリーターが面接を受けるときの注意点

メニュー

フリーターが面接を受けるときの注意点と答え方記事一覧

一般に、企業が社員を中途採用するとき重視することは、即戦力として使える実務経験とされます。しかし、そうなると経験のないフリーターは、正社員就職など望めないことになりますね。採用選考にあたって、企業は確かに経験を重視します。しかし経験は、「もっとも重視すること」ではないんですね。経験以上に重視する「大前提」ともいうべきことがあります。それは経験者かどうかは関係ありません。それこそ、未経験者・フリータ...

求人広告で「未経験者歓迎」という表記がありますね。スキルも経験もないフリーターの場合、そういう企業なら「採用されやすいかも」と考えがちです。しかし、「未経験者歓迎」の本当の意味をご存知でしょうか?決して、「だれでも採用しますよ」という意味ではありません。「その職種の経験者と同じレベルの知識やスキルを持つ未経験者なら歓迎」という意味です。また、正社員の職務経歴があることも前提です。どういうケースが該...

「未経験者歓迎」と求人広告に記載されていても、求人企業が、単に応募者の間口を広げたいだけの場合があります。こういうケースの場合、企業には積極的に未経験者を採用しようといういう意思はありません。あくまで「未経験者も応募していいですよ」というだけにすぎません。ですから、経験者でよい人材が応募してくれば、そちらが優先されることは言うまでもありません。こういう企業の場合、電話で問い合わせして、未経験である...

「実力次第で高給も可能」とか「若くても実力があれば管理職に抜擢」などという文句が躍る「未経験者歓迎」の求人は要注意です。飛び込み営業やテレアポ主体の会社の求人によく見られます。ここで言う「実力」とは、飛び込み営業でドンドン商品を売れるだけの実力のことです。こういった会社は、もともと若手社員を育てるという考えはありません。基本的に、契約が取れなければクビが社風です。多くは自分から辞めていくのですね。...

「未経験者歓迎」求人の中には、本気で若いフレッシュな人材を求めて求人を出す場合があります。「本気で」というのは、募集の間口を広げるだけとか、頭数が欲しいからといった理由からでなく、若い人材を採用することで組織の活性化を図ろうとしている場合です。例えば、その会社の社員の平均年齢が上昇傾向にあり、若くてフレッシュな人材を採用して組織を活性化させ、社員の士気を高めたいなどの場合です。こういうケースでは、...

求人広告には、勤務時間は何時から何時まで、給料はいくら、応募資格などが記載されています。普通、それらの条件をみて、応募資格に適合するかどうか、給料はこれぐらいなら妥当なところか、勤務地や勤務時間はこれなら大丈夫か、といったことを総合的に判断して応募しますよね。でも中には、「給料があともう少しだけあれば、他の条件は言うことないのに…」「出勤時間あと30分遅くならないかな…」「勤務地がココならいいんだ...

内定が出たとしても、本人から雇用条件について相談を持ちかけるのは難しいものです。下手に自分の都合を言えば、内定を取り消される心配もありますから。そんなときは、キャリアコンサルタントが代わって交渉してくれる場合があります。勤務時間や給与のことなど、あなたが話しづらいことを代わって企業と交渉してくれます。エージェントの仕事をしてくれるのです。つまり、キャリアコンサルタントに就職の相談をするということは...

転職のとき、面接で必ずといっていいほど聞かれるのが、「あなたの強みは?」という質問です。転職に限らず、新卒で企業の面接を受けるときにも、この質問は投げかけられます。「自分の強みって何だろう」「強みといえることなんて何もない」と思う方が多いでしょう。何をアピールすればいいのか分からないという人がほとんどだと思います。いろいろ自己アピールポイントを考えると思いますが、たくさんアピールすればいいというも...