応募者の間口を広げたいだけの「未経験者歓迎」には要注意

メニュー

応募者の間口を広げたいだけの「未経験者歓迎」

「未経験者歓迎」と求人広告に記載されていても、求人企業が、単に応募者の間口を広げたいだけの場合があります。

 

こういうケースの場合、企業には積極的に未経験者を採用しようといういう意思はありません。あくまで「未経験者も応募していいですよ」というだけにすぎません。

 

ですから、経験者でよい人材が応募してくれば、そちらが優先されることは言うまでもありません。

 

こういう企業の場合、電話で問い合わせして、未経験であることを話すと何らかの失望した雰囲気が伝わってくるものです。そういうときには、応募をやめるか、とりあえず応募してみるか、考えるところでしょう。
「どうせ採用されないだろう」と思うのは無理もないことです。

 

しかし、考えてみてください。中途採用で、未経験者でも応募できる求人そのものが限られています。そんな中で、たとえ採用されることは難しいとしても、面接の練習台として活用することはできます。それに運がよければ人柄を評価されて、採用せれる可能性がゼロではありません。

 

もともと未経験者を積極的に採用する意思がない企業ですから、面接のときには、スキル不足や志望動機などについて、厳しい突っ込みを受けることになります。そういう質問を受けたときに、冷静に受け答えできるように訓練として利用するのです。そういう訓練を重ねることで、本気で未経験者を採用しようと考えている企業の面接のときに、必要以上に緊張することもなく、しっかりと自分の強みをアピールでき、スムーズな受け答えができるようになります。

 

こういう企業の場合、圧迫面接を受ける可能性が高いでしょう。フリーターを続けていた人なら、「アルバイトの経験レベルでは通用しない」とか「社会人になるための姿勢がなっていない」とか、そういう暴言を吐かれることも考えられます。

 

そういう時にも、冷静に受け答えできるかどうかが大切です。みずからの実力不足を率直に認め、真摯に反省している姿勢をアピールすることが重要になります。感情的になって面接官に反論でもしようものなら、その時点でアウトでしょう。

 

面接官は、圧迫面接を通して、お客様からクレームがあった時に適切に対応できるかどうか、その人の人柄を見ているのですから。

 

ですから、採用される可能性は限りなく低いとしても、面接の練習台としては利用できます。過度の期待はせず、ダメモトで応募する価値はあるでしょう。

関連ページ

未経験者が経験者と同じ土俵で勝負できるスキル
一般に中途採用では、未経験者は経験者と比べて圧倒的に不利。しかし、未経験者でも経験者と同じ土俵で勝負できる「スキル」があります。
未経験者歓迎の本当の意味と企業のウラ事情
求人広告に、「未経験者歓迎」と表記されているものがあります。こういう場合、求人企業の事情を知っておく方がよいでしょう。
「実力次第で高給も可能」をうたう「未経験者歓迎」の落とし穴
「学歴もキャリアも不問」「実力次第で高給も可能」「若くても実力があれば管理職に抜擢」といった文句が躍る「未経験者歓迎」の求人には注意が必要です。
フリーターは人柄重視の「未経験者歓迎」求人をねらえ
「未経験者歓迎」求人の中には、若いフレッシュな人材を求める人柄と社風に合うかどうかを重視する新卒採用に近い求人があります。未経験フリーターは、そういった求人がねらい目です。
雇用条件に関することを面接で要望するのはNG
面接のとき、勤務時間や給料など雇用条件に関する要望を自ら言い出すことはNG。要望があるとき、その企業を紹介してくれたキャリアコンサルタントに相談すれば、代わって交渉してくれる場合があります。
雇用条件について希望があればコンサルタントに交渉してもらう
勤務時間や給与など雇用条件について、本人から直接相談を持ち掛けるのは難しいものです。そんなときは、キャリアコンサルタントに相談すれば代わって交渉してもらえる場合があります。
自分の強みは?転職・面接の自己PRで大切な2つのこと
転職するとき面接などで必ずといっていいほと聞かれる「あなたの強みは?」という質問。てんこ盛りで答える方が良いと思うかもしれませんが逆効果。大切なのは2つです。