「実力次第で高給も可能」をうたう「未経験者歓迎」の落とし穴

メニュー

「実力次第で高給も可能」をうたう「未経験者歓迎」の落とし穴

「実力次第で高給も可能」とか「若くても実力があれば管理職に抜擢」などという文句が躍る「未経験者歓迎」の求人は要注意です。飛び込み営業やテレアポ主体の会社の求人によく見られます。

 

ここで言う「実力」とは、飛び込み営業でドンドン商品を売れるだけの実力のことです。

 

こういった会社は、もともと若手社員を育てるという考えはありません。基本的に、契約が取れなければクビが社風です。多くは自分から辞めていくのですね。

 

辞めていくことを最初から見越して、多めに採用します。結果を出せる社員が残ればいいというわけです。そのため、離職と新規採用の回転が速い。究極の実力主義の世界です。

 

このような会社が「未経験者歓迎」として募集するのは、業務そのものに、それほど高いスキルは必要ないので、高い給料を払わなければいけない経験者よりも、安く雇える未経験者を採用し、頭数を確保したいからです。

 

ですから、飛び込み営業が得意で、自分には適性があるという人以外は、避ける方が無難です。

 

しかし、そういった会社で働きたい、または働かざるを得ない人もいるでしょう。何か職歴を付けたいので、飛び込み営業からやってみるという人もいるでしょう。

 

そういう人たちにまで、「やめた方がいい」と言うつもりはありません。相当な覚悟をもって臨めば、いずれは道が開けるかもしれません。

関連ページ

未経験者が経験者と同じ土俵で勝負できるスキル
一般に中途採用では、未経験者は経験者と比べて圧倒的に不利。しかし、未経験者でも経験者と同じ土俵で勝負できる「スキル」があります。
未経験者歓迎の本当の意味と企業のウラ事情
求人広告に、「未経験者歓迎」と表記されているものがあります。こういう場合、求人企業の事情を知っておく方がよいでしょう。
応募者の間口を広げたいだけの「未経験者歓迎」には要注意
ただ単に応募者の間口を広げたいだけの「未経験者歓迎」求人にフリーターが応募しても採用は難しい。「未経験者歓迎」と表記している企業のウラ事情を知ることが大切です。
フリーターは人柄重視の「未経験者歓迎」求人をねらえ
「未経験者歓迎」求人の中には、若いフレッシュな人材を求める人柄と社風に合うかどうかを重視する新卒採用に近い求人があります。未経験フリーターは、そういった求人がねらい目です。
雇用条件に関することを面接で要望するのはNG
面接のとき、勤務時間や給料など雇用条件に関する要望を自ら言い出すことはNG。要望があるとき、その企業を紹介してくれたキャリアコンサルタントに相談すれば、代わって交渉してくれる場合があります。
雇用条件について希望があればコンサルタントに交渉してもらう
勤務時間や給与など雇用条件について、本人から直接相談を持ち掛けるのは難しいものです。そんなときは、キャリアコンサルタントに相談すれば代わって交渉してもらえる場合があります。
自分の強みは?転職・面接の自己PRで大切な2つのこと
転職するとき面接などで必ずといっていいほと聞かれる「あなたの強みは?」という質問。てんこ盛りで答える方が良いと思うかもしれませんが逆効果。大切なのは2つです。