雇用条件をコンサルタントが代理交渉

メニュー

雇用条件に付いて希望があればコンサルタントが代理交渉してくれる

内定が出たとしても、本人から雇用条件について相談を持ちかけるのは難しいものです。下手に自分の都合を言えば、内定を取り消される心配もありますから。

 

そんなときは、キャリアコンサルタントが代わって交渉してくれる場合があります。勤務時間や給与のことなど、あなたが話しづらいことを代わって企業と交渉してくれます。エージェントの仕事をしてくれるのです。

 

つまり、キャリアコンサルタントに就職の相談をするということは、転職エージェントを味方につけるということなのです。

 

高いスキルやキャリアの人向けに転職エージェントのサービスを行っているところはありますが、フリーター・既卒者・第二新卒者向けに、そこまでのサービスを実施しているところはほとんどありません。

 

大きな転職支援サイト(人材紹介会社)の場合、既卒や第二新卒も対象にはなっていますが、圧倒的にはキャリア転職です。キャリアのある人向けの転職が優先されるし、求人もそちらがメインです。

 

そもそも、一般の転職サイトでは、既卒未経験者や第二新卒者が応募できる求人そのものが少ないのですね。そういった求人の開拓には、あまり力を入れていませんから。

 

一応、転職エージェントのサービスを受けられることになってはいても、やはり後回しです。

 

転職エージェントや人材紹介会社は企業から人材紹介の委託を受けています。企業に人材を紹介し、企業が採用すれば、その人の年収の何割かが企業から人材紹介会社に収入として入る仕組みです。フリーター・既卒者・第二新卒者を紹介するよりも、キャリアのある人を紹介する方が収入は圧倒的に高くなります。

 

なので、フリーター・既卒者・第二新卒者が一般の転職支援サイトに登録しても、期待した通りの正社員就職を成功させることは望みが薄いと言わざるを得ません。

 

やはり、フリーター・既卒者・第二新卒者の場合には、既卒・第二新卒に特化した就職支援サイトに登録することがカギです。キャリアコンサルタント(キャリアアドバイザー)が親切・丁寧に対応してくれます。

 

給与や勤務時間など雇用条件についても、キャリアコンサルタントが、あなたに代わって企業と交渉するエージェントの仕事もしてくれます。もちろん無料で対応してくれます。

 

既卒未経験者・第二新卒者は、そういった就職支援サイトに登録し、キャリアコンサルタントの支援を受けながら正社員就職をめざすのがベストです。

関連ページ

未経験者が経験者と同じ土俵で勝負できるスキル
一般に中途採用では、未経験者は経験者と比べて圧倒的に不利。しかし、未経験者でも経験者と同じ土俵で勝負できる「スキル」があります。
未経験者歓迎の本当の意味と企業のウラ事情
求人広告に、「未経験者歓迎」と表記されているものがあります。こういう場合、求人企業の事情を知っておく方がよいでしょう。
応募者の間口を広げたいだけの「未経験者歓迎」には要注意
ただ単に応募者の間口を広げたいだけの「未経験者歓迎」求人にフリーターが応募しても採用は難しい。「未経験者歓迎」と表記している企業のウラ事情を知ることが大切です。
「実力次第で高給も可能」をうたう「未経験者歓迎」の落とし穴
「学歴もキャリアも不問」「実力次第で高給も可能」「若くても実力があれば管理職に抜擢」といった文句が躍る「未経験者歓迎」の求人には注意が必要です。
フリーターは人柄重視の「未経験者歓迎」求人をねらえ
「未経験者歓迎」求人の中には、若いフレッシュな人材を求める人柄と社風に合うかどうかを重視する新卒採用に近い求人があります。未経験フリーターは、そういった求人がねらい目です。
雇用条件に関することを面接で要望するのはNG
面接のとき、勤務時間や給料など雇用条件に関する要望を自ら言い出すことはNG。要望があるとき、その企業を紹介してくれたキャリアコンサルタントに相談すれば、代わって交渉してくれる場合があります。
自分の強みは?転職・面接の自己PRで大切な2つのこと
転職するとき面接などで必ずといっていいほと聞かれる「あなたの強みは?」という質問。てんこ盛りで答える方が良いと思うかもしれませんが逆効果。大切なのは2つです。