DTPとして正社員採用されるのに必要なスキル

メニュー

DTPとして正社員採用されるのに必要なスキル

DTP業界への就職をめざす場合、高校や大学を卒業後、専門学校へ進み、フォトショップやイラストレーターといったDTPソフトの使い方を覚えて、専門学校を卒業後は、DTPアルバイト、派遣・契約社員、そして正社員というようにステップアップしていくのが一般的です。

 

高校や大学を卒業してすぐに正社員として入社することはほとんどないので、そういう点では、フリーターでも比較的足を踏み入れやすい業界といえるでしょう。

 

DTP業界では、アルバイトといえども経験者が優先的に採用されることがほとんどです。なので、専門学校を出たばかりの未経験者の場合、まずは比較的ハードルの低い出力センターなどでのアルバイトから始めてみるのもいいでしょう。

 

ちなみに、DTPにはデザイナーとオペレーターがあります。違いは何かというと、DTPデザイナーは、写真やイラスト、文字データなどをもとに、DTPソフトを使ってレイアウトデザインするのが仕事。DTPオペレーターは、デザイナーが作成したデザインをもとに、DTPソフトを使って修正・加工し、印刷するためのデータを完成させるのが仕事です。

 

オペレーターに求められるのは、デザイナーから指示された内容を正確に理解して、納期までに確実に作業を終わらせることができるレベルでの正確な作業スピード。また、デザインの仕事というのは「クライアントありき」の仕事ですから、クライアントの方針を正確に理解して、臨機応変に手際よく、センスにあふれた作品を制作する能力が必要です。小さな会社では、DTPデザイナーとDTPオペレーターは区別されず、両方の仕事をこなす場合が多いですね。

 

自分では満足できる作品が出来上がったとしても、クライアントからみれば考えていたものと違うということになれば、立ち直れないくらい“けなされる”場合もあります。そういう意味では「タフさ」が要求される仕事です。

 

また、クライアントの方針を正確に把握し、こちらの意図も相手に正確に伝えられるコミュニケーション能力も必要となります。

 

アシスタント的な仕事ができるレベルを10とすると、フォトショップやイラストレーターなどDTPソフトの基本的な操作ができるレベルというのは、3〜4といったところです。経験を積んでレベル10まで持っていければいいのですが、未経験者の場合、そのレベル差6〜7を埋められるだけの「熱意」や「やる気」をアピールすることがポイントになります。よほどの「やる気」を示さなければ難しいでしょう。

 

ですから、専門学校でDTPソフトの基本的な操作を身につけたら、まずはアルバイトから初めて、できるだけ実務経験を積むことが大切です。

関連ページ

経理職に正社員採用されるのに必要なスキル
経理アルバイトから企業の経理職に正社員として採用されるには、どんなスキルが必要でしょうか?
SEとして正社員採用されるのに必要なスキル
これからIT関係のアルバイトをはじめて、将来、SE(システムエンジニア)として正社員就職をめざそうと考えている方むけの情報をご紹介。
職歴がなければ営業職を経験して職歴をつける
特に技術もなく、職務経験もないフリーターが正社員をめざして就職活動をする場合、まずは営業職から経験するのが一つの方法です。
就職に役立つ資格の選び方
フリーター・既卒者が正社員をめざすとき、専門学校で資格を取得し、新卒として就職する方法があります。就職に役立つ資格を選ぶ際のポイントは?