経理職に正社員採用されるのに必要なスキル

メニュー

企業の経理職に正社員採用されるのに必要なスキル

経理に就職したいという人の志望動機の本音を聞くと、「営業はノルマがきついからイヤ」「経理ならデスクワークだから楽」というのが少なくないようです。

 

しかし現実はそんなに甘くはありません!

 

決算期には日付が変わるまで残業することは珍しくないし、銀行から融資を受けようと思ったら、その目的を明確に説明できるだけの「営業トーク」も必要になります。税務調査が入れば、税務当局と論理的にたたかう交渉力も必要です。「ラクしたいから」といった考えは捨てるべきです。

 

経理職に正社員として採用されるためには、最低でも簿記2級以上は必要です。中には、税理士や公認会計士などの資格を持っている人、資格取得をめざしている人もいるでしょう。そういった資格を持っていることは、知識があり、努力を積み重ねてきた証ですから、採用の選考にあたって評価の対象とはなります。

 

しかし、実務経験がない限り、採用の決め手にはなりません。もっとも大事なのは、即戦力として使える実務経験です。20代後半や30代ともなれば、月次決算、年次決算業務、税務申告などの実務経験が要求される場合もあります。

 

では、資格も実務経験もなければ、採用される可能性は「ゼロ」かといえば、そうとも言えません。ポテンシャルを重視した採用もあるからです。

 

ポテンシャルを重視して未経験者から採用する場合、知識や資格以上に、その人の熱意、適性、人柄、人間性が重要なポイントになります。「この人とぜひ一緒に働きたい」と思えるような人柄、「信頼感」や「誠実さ」といった人間性が重視されます。

 

経理はお金を扱う部署です。残念ながら、横領・着服といった不祥事も後を絶ちませんね。企業は、人間として信頼できる人を優先的に採用します。なので、資格がない、実務経験がない、といって悲観することはありません。

 

経理アルバイトの経験を活かして経理職の正社員をめざすなら

経理職の求人に応募する人は、税理士・会計士事務所の経験者が多いようです。

 

会計事務所などのアルバイトで、どれくらいのレベルの仕事が経験できるかというと、多くは領収書の整理やデータ入力といった単純作業です。

 

経理職の正社員採用で企業が求める実務経験は、決算書や申告書などの作成です。ですから、そういったレベルの仕事を経験できる経理のアルバイトを選ぶべきでしょう。ただし、高度な仕事は、勤務年数や事務所の方針によります。長年いても単純作業しかさせてもらえない事務所もあります。そういう場合は、別の事務所でのアルバイトに変える方がよいでしょう。

関連ページ

SEとして正社員採用されるのに必要なスキル
これからIT関係のアルバイトをはじめて、将来、SE(システムエンジニア)として正社員就職をめざそうと考えている方むけの情報をご紹介。
DTPとして正社員採用されるのに必要なスキル
DTP業界では、専門学校卒業後、DTPアルバイト、派遣・契約社員、正社員とステップアップしていくのが一般的です。そのために必要なスキルは?
職歴がなければ営業職を経験して職歴をつける
特に技術もなく、職務経験もないフリーターが正社員をめざして就職活動をする場合、まずは営業職から経験するのが一つの方法です。
就職に役立つ資格の選び方
フリーター・既卒者が正社員をめざすとき、専門学校で資格を取得し、新卒として就職する方法があります。就職に役立つ資格を選ぶ際のポイントは?