SEとして正社員採用されるのに必要なスキル

メニュー

SEとして正社員採用されるのに必要なスキル

ここでご紹介することは、これからIT関連のアルバイトに就き、将来はSEとして正社員就職を考えている方に向けた内容です。

 

コンピュータソフトのプログラミングなど、IT系の専門技能が必要な職種では、アルバイト採用の段階からハードルが高めです。「プログラミングのアルバイトの面接を受けているが、なかなか採用されない」といった経験をお持ちでしょう。そのため、資格取得をめざして勉強に励んでいる人もいるかもしれません。

 

それでは、資格を取得できれば、アルバイト採用され、将来の正社員就職に有利かといえば、残念ながら、そうとは言えません。

 

大事なのは実際にプログラムを書ける能力

結論から言えば、「プログラミングで求められるのは、資格ではなく実践力」です。「実際にプログラムを書ける人材が欲しい」のです。

 

資格を取得しただけでは、実際にプログラムを書けるようにはなりませんね。ですから、経験者が自分の知識を確認するために資格を取得するというのならまだしも、未経験者が面接のときにアピールするためだけに資格を取得するというのは本末転倒なのです。資格がなくてもプログラムは書けます。

 

ソフトウェア業界は、ベンチャーなど中小の会社が多いのが特徴です。中小企業では、新卒を採用して一から教育していく余裕はありません。即戦力が求められるのです。

 

実力がモノをいう世界ですから、専門学校時代からアルバイトをしていて、卒業と同時に社員として採用されることもよくあります。また、フリーターであっても、実際にプロクラムを組める実践的な能力があれば、社員として採用される世界なのです。

 

IT技術系の求人は高い水準で伸びています。スマートフォン向けアプリの開発はじめ、SNSやビッグデータ関連の新規事業がどんどん立ち上がっています。そのため、慢性的な人手不足が続いているんですね。

 

ですから、ある程度しっかりした知識と実務能力があれば、アルバイトにも採用されやすいし、アルバイトから正社員にも転換しやすい世界なのです。

 

アルバイトに採用されるには、どれくらいのスキルが必要かといえば、C言語やJAVAなど基本的なプログラミング言語については、独学あるいはコンピューター専門学校などでマスターしておくことは大前提です。実際に自分でプログラムを作ってみることも必要です。自分で作ったプログラムを面接のときに見てもらうのも効果的でしょう。

 

そして最初は、プログラムのテストやバグ出しといった比較的簡単なアルバイトから始めてみるのがいいのではないでしょうか。

 

どんな資格があれば有利か

なお、「情報処理技術者」など公的資格を採用の際に考慮する企業もあるようです。

 

あくまで参考程度に見てほしいのですが、企業側が取らせたい資格について調査した結果が公表されています。
上位には、情報処理技術者試験では、プロジェクトマネージャー、応用情報技術者、基本情報技術者が並び、ITベンダーの認定資格では、オラクル(データベース分野)、マイクロソフト(データベース分野)、シスコ技術者認定が並んでいます(日経BP IT pro 「2012年版 いる資格、いらない資格」)

 

ただし、採用のときに企業が一番求めているのは、「即戦力として使える、実際にプログラムを書ける人材」であることは忘れないでください。

関連ページ

経理職に正社員採用されるのに必要なスキル
経理アルバイトから企業の経理職に正社員として採用されるには、どんなスキルが必要でしょうか?
DTPとして正社員採用されるのに必要なスキル
DTP業界では、専門学校卒業後、DTPアルバイト、派遣・契約社員、正社員とステップアップしていくのが一般的です。そのために必要なスキルは?
職歴がなければ営業職を経験して職歴をつける
特に技術もなく、職務経験もないフリーターが正社員をめざして就職活動をする場合、まずは営業職から経験するのが一つの方法です。
就職に役立つ資格の選び方
フリーター・既卒者が正社員をめざすとき、専門学校で資格を取得し、新卒として就職する方法があります。就職に役立つ資格を選ぶ際のポイントは?